さいたま市見沼区せきぐち接骨院 関節運動学的アプローチAKA療法による腰痛,膝痛,下肢痛,首肩の痛みの治療/休日(日曜祝日)対応。

関節運動学的アプローチAKA療法の治療症例

腰・殿部~左大腿(前)の痛み(脊柱管狭窄症)

症状

約3か月前より座イスに座っていたりすると腰殿部の疼痛、少し歩くと左大腿に疼痛など、腰殿部~左大腿(前)にかけて痛みの症状あり。整形外科でMRI検査の結果、脊柱管狭窄症と診断される。下肢の神経症状(知覚・筋力・反射の異常)はなし。インターネットで脊柱管狭窄症を調べていてAKA療法という治療法があるのを知り、自宅近くにありAKA療法をやっているせきぐち接骨院に来院。(60代男性)

施術結果

AKA療法による施術により、腰部の後屈痛・左側屈痛、左股関節の屈曲・外転・外旋の運動制限及び疼痛の症状が全て改善され、腰部の前屈時の可動域が広がりました。

このように脊柱管狭窄症と診断され、間歇性跛行(歩くと下肢に痛みが出て立ち止まっていまい、少し休むとまた歩けるようになる症状)が出ている症状でも、実は脊柱管狭窄症が症状の直接的原因ではなく、仙腸関節の関節機能異常が原因になっていて、AKA療法による施術が有効な症例が非常に多いです。

腰痛,左大腿の痛み

交通事故治療、AKA療法/関節運動学的アプローチのせきぐち接骨院
せきぐち接骨院ホームページ