さいたま市見沼区せきぐち接骨院のブログ/交通事故治療、むち打ち症、AKA療法による腰痛の治療,休日(日曜祝日)対応。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち関口接骨院のブログ
さいたま市見沼区せきぐち接骨院ブログ

筋肉痛

院長の関口です。

昨日10年ぶりに柔道をやったのですが、本日は全身筋肉痛で微熱も出てしまうありさま。

乱取り稽古を10分程度やっただけなのですが日頃の運動不足と年を感じさせられました。

でも、筋肉痛が運動の翌日に出たとだから、まだ少しは若さが残っているのですかね?

10年ぶりの柔道。

院長の関口です。

 

今日は中学・高校の柔道部のOB会の練習に約10年ぶりに参加してきました。

何が悲しいって、太ってしまったせいで柔道着の帯が結べなかった事です。

推定30センチ近くは腹回りが太ってしまったみたいです。

IMG_20150328_152337

夕方からAKAの施術の予約が入っていたために、練習だけ参加して本日はおしまい。

帰りに、メルシーという早稲田の学生が行きつけのラーメン屋に行ってきました。

中学生の時から食べていた懐かしい味です。今でもラーメンは400円。

コストパフォーマンス№1です。

写真は野菜ラーメン(大)とライスです。

IMG_20150328_153453

 

肘内障

院長の関口です。

先日、お母さんが子供の腕を思いっきり引っ張ってしまい、「肩が外れた」といって来院した子供がいました。

確かに左腕をだらりと下げて動かさないでいます。

よく、この様な症状の子供が来院しますが、肩が外れたのではなく、実は「肘が外れている」のです。

一度外れてしまうとクセになってしまうことも多く、小学校に入る位まで続きます。

そして成長と共に外れなくなります。

もし、小さなお子さんがいらっしゃて腕を引っ張られてしまった後に腕をだらりと下げたままにしていたら、肘が抜けてると思って下さい。

そして近くの接骨院や整形外科で入れてもらってください。

外傷における画像診断

院長の関口です。

昨日、左足を捻り左足部が腫れ上がり足を引きずってやっと歩いている患者さんが来院されました。

これまでの接骨院の大きな弱点は、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷という外傷を扱っているのにもかかわらず、画像診断装置が無かったために正確な判断が出来なかったことです。

臨床経験上、患部の視診・問診・触診でおおよそのの判断はつきますが、確信する事は出来ませんでした。

当院には超音波診断装置(エコー)がありますので、この弱点を補うことが出来ます。

さっそくエコー検査をしたところ、左第5中足骨基底部の骨折が認められました。

やはり外傷に対しては画像診断装置(当院についてはエコー)の重要性を再確認しました。

 

雑談(ここからが本題)

人間というのは弱いものです。何かあるとすぐに凹んでしまいます。

しかし、誰かの支えがあれば大抵の事は何とか乗り越えられます。

困った時に支えになってくれる人がいるといいですね。

僕はいつでも支えになりますよ!

(葛飾区に向けて)

 

 

せきぐち接骨院ホームページ