さいたま市見沼区せきぐち接骨院のブログ/交通事故治療、むち打ち症、AKA療法による腰痛の治療,休日(日曜祝日)対応。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち関口接骨院のブログ
さいたま市見沼区せきぐち接骨院ブログ

膝の痛みにAKA療法

院長の関口です。

ある程度の高齢の患者さんで膝が痛い場合「軟骨がすり減って当たって痛みが出る」と説明され変形性膝関節症と診断されます。
皆さんに「関節がすり減っているから治らない」と言われますが、あきらめる必要はありません。
関節がすり減っていようがいまいが、関節の噛み合わせが良くて上手く滑ってさえくれれば痛みは出なくなります。
その関節の噛み合わせをよくする治療がAKA療法です。
通常の治療で膝の痛みがなかなか改善されない方、他院で治療も今の治療法に疑問をお持ちの方、是非、AKA療法を試してみて下さい。

雑談(ここからが本題?)

わたくし「ピエロ」でございます。

「雨降って地固まる」と言いますがまさに団長とわたくしにぴったりの言葉。

この一年の間に、団長とわたくし関係でトラブルが5回ほどあったように記憶しています。

その度に「こんなサーカス団辞めてやる!」とふてくされますが、何とか問題解決!

その度に団長とのきずなが深くなっていっているような気がするわたくし「ピエロ」。

団長、今回のトラブルも頑張って乗り切りましょう!
今の二人だったら絶対に乗り越えられます。
それが出来れば、本当の絆で二人が結ばれる気がしてならないわたくし「ピエロ」。

もつ鍋か~?
上野辺りでうまい店探しておこっと!!

交通事故・ケガにご注意!!

院長の関口です。

11月も残りわずかになってしまいました。月が替われば12月、師走です。何かと気忙しくなって交通事故に遭ってしまったり、大掃除などでケガをしやすくなってきます。皆さんくれぐれもお体に気を付けてください。

雑談(ここからが本題)

接骨院のBGMを変えて約一週間、昭和時代のニューミュージック・歌謡曲を中心とした選曲に患者さんが酔いしれている今日この頃。

夜になって接骨院から居酒屋にチェンジ!
熱燗飲みながら舟唄(by 八代亜紀)なんか流れたら、もう、昭和のレトロ居酒屋に。
珍しい越乃寒梅の焼酎をチビチビやりながらソフト麺と揚げパンを頼むオイラ。
(お、スゲ~昭和!!)
今日は居酒屋のお姉ちゃん「オッシー」と会話が弾む!!
今日は、気分が良くてちょっと飲みすぎちまったかな?
「オッシー」に余計な事まで話しちまったよ。
でもいいさ、「オッシー」謎が解けて今夜はぐっすり眠れるとよ!!

追伸

姉さんの忠告守れず今日も深酒です。
姉さんを思いながら酒におぼれる毎日です。
早く一緒に温かい鍋突っつきたいな~。
こんなオイラだけどこれからもよろしく!

ぎっくり腰にはAKA療法を

院長の関口です。

今日もぎっくり腰の新患さんが来院されました。
最近の気温の低さの影響か、ぎっくり腰の患者さんが多く来院されています。
寒くなると、どうしても筋肉や関節周辺の軟部組織が固くなってしまうために、仙腸関節(骨盤の中の関節)や椎間関節(背骨同士の関節)が関節機能異常(引っかかった状態)を起こしやすくなってしまいます。
関節機能異常の改善には、AKA療法が著効を示します。
関節が炎症を起こす前だったら、痛みで動けずやっと来院された患者さんが、施術後に何事も無かったようにスタスタ歩いて帰っていく事もしばしば。
ぎっくり腰になってしまったら、是非、AKA療法を試してみて下さい。

雑談(ここからが本題)

昨日の接骨院内での会話

関口:甲斐先生、カラオケなんか行って歌うたうの?

甲斐先生:時々行って歌いますよ。

関口:俺もたまにはカラオケ行って歌でもうたおうかな?

甲斐先生:先生はカラオケ行く必要はないですよ。
     いつもカラオケ行っているようなもんじゃないですか、これだけ接骨院で大声
     でうたっているのですから。

(どんな接骨院だ?)

今日の接骨院内での会話

患者Fさん(整形外科勤務時代からの患者さん)との会話

Fさん:先生って、最高!!

関口:最高って、何がですか?

Fさん:マッサージよ、マッサージ!!

関口:僕はもっと、人間的な事で褒められたいんですけど?

Fさん:それは無理!!(超速攻の返答です)

変形性股関節症にはAKA療法を

院長の関口です。

昨日、基礎疾患に変形性股関節症があって両股関節を痛めてしまった患者さんが来院されました。

変形性股関節症が基礎疾患にある場合、股関節周辺に出た痛みや股間の可動域制限などの症状は股関節の変形が原因になっていると考えられることがほとんどです。

しかし実際はどうかというと、多くの場合、骨盤の中の仙腸関節が症状の原因になっていることが多いのです。

実際、この患者さんをAKA療法で施術をしたところ、両股関節の可動域が広がり歩行時の股関節の痛みも大きく改善されました。

私の今までの経験上、ある程度進行してしまった変形性股関節症の方でも日常生活を送れるくらいに改善し維持できることがほとんどです。

変形性股関節症と診断されて、痛みや可動域制限によって、日常生活に支障をきたしていたり、また、手術を勧められている方がいらっしゃいましたら、是非AKA療法を試して見て下さい。

雑談(ここからが本題)

いろいろあってむしゃくしゃしていた私、昨日の夜、久しぶりに「スナック?加奈子」にて人生相談。

さすがに人生経験豊富な「スナック?加奈子」のママ!!

今日も的確なアドバイス。

ママ:時間だけはキッチリ守りなさいね!

関口:分かったよママ、きちっと守るね「時間」だけは。

今日も喉の閊えがスーッと取れました。

いい気になってボトルを空けてしまった私。

「ママ、ニューボトル一本入れておいてね!!」

またまたボトル入れちまったよ。

ママ、これからもアドバイスお願いします、この恋が実るまでの道しるべをね!!

せきぐち接骨院ホームページ